ごぼう茶・効能

ごぼう茶の効能

ごぼう茶の効能

抗酸化能は野菜トップクラス

ごぼうは、アクの強い野菜と考えられていますが、アクの正体は実はポリフェノール。

 

通常水でさらしでアク抜きをしますが、栄養とおいしさがも逃げてしまいます。ごぼうの抗酸化能は野菜の中でもトップクラスです。

 

さらに最近の研究で、加熱、焙煎したごぼうの抗酸化能はさらにアップすることがわかりました。

 

腸内環境改善は、全ての健康の基本です。

 

脂肪過多の食生活は、腸内環境を悪化させ、生活習慣病や老化を引き起こすことがわかっています。

 

ごぼうに豊富に含まれる食物繊維やポリフェノールは、腸の環境を整えることで、便通を良くするだけでなく、免疫力を活性化させたり、腸内毒素を減少させることが報告されています。

 

ごぼうに含まれる健康成分

 

食物繊維

(セルロース、ヘミセルロース、リグニン)
ごぼうに豊富に含まれる食物繊維リグニンは、胆汁酸を吸着する作用があり、血中コレステロールを抑制します。また腸内の善玉菌を増やすなどの働きが高いことがわかっています

 

イヌリン、オリゴ糖

イヌリン(水溶性)は天然オリゴ糖の一種であり、難消化性の糖質であるためにブドウ糖の生成が抑えられ、血糖値の上昇やダイエットに役立ちます。
腸内環境の改善を促したり、腎臓の働きを高め利尿作用があることから、ごぼうは利尿剤としても
使われてきました。

 

ポリフェノール

(サポニン、タンニン、クロロゲン酸)
ゴボウには、サポニン、タンニン、クロロゲン酸といったポリフェノールが含まれています。タンニンには抗菌、消炎作用があり、抗生物質の皆無だった時代に消炎剤として使われていました。サポニン、クロロゲン酸は、抗酸化力が強く、血液をサラサラにして生活習慣病を予防するほか、美白効果や抗がん作用が期待されています。

 

牛蒡子

牛蒡子(ごぼうの種)は漢方薬・生薬として販売されており、解熱、解毒、去痰薬 として用いられています。最近の研究で膵臓がんの抑制作用があることがわかってきました。

 

1週間のお試しセットが600円で購入できます。

 

>>お試しサンプル 600円<<

 



 

ごぼう茶の効能